新聞記者って、実は意外と稼げるんです。


by viqvrscmrk

<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 北海道庁に入った情報によると、北方領土の国後島沖で29日午後1時過ぎ、操業中の羅臼漁協所属の漁船2隻が、ロシア国境警備隊のヘリコプターから照明弾とみられる発砲を受けた。

 負傷者はいないという。2隻はスケトウの刺し網漁を行っていたという。第1管区海上保安本部は同日夜、羅臼港に戻った漁船の乗組員から詳しく事情を聞いている。

<鳩山首相>施政方針演説 「いのち守る」の理念を強調(毎日新聞)
【単刀直言】塩川正十郎元財務相 「小沢支配」は危ない(産経新聞)
<詐欺>故笹川氏の孫名乗り5千万円詐取の疑い 女を逮捕(毎日新聞)
普天間移設、硫黄島案取り下げ=社民(時事通信)
財政健全化目標めぐる検討開始−政府(医療介護CBニュース)
[PR]
by viqvrscmrk | 2010-01-30 22:09
 広島県の小学校で女子児童が性的暴行を受けた事件をめぐり、女児3人と保護者が26日、精神的苦痛を受けたとして、元教諭と県などを相手に1億1550万円の損害賠償を求める訴訟を広島地裁に起こした。
 元教諭は強姦(ごうかん)などの罪に問われ、広島地裁で昨年9月、懲役30年の判決を受けた森田直樹被告(44)。被告は控訴し、広島高裁で公判中。
 原告側弁護士によると、女児3人は長年にわたり、森田被告の性的暴行を受けた。弁護士は「苦しんでいる娘たちは事件の判決があっても、心の傷を一生背負っていかなければなりません」とした保護者の手紙を公表した。
 原告側は森田被告を任命した県にも、責任があるとしている。
 広島県教育委員会の篠田智志教職員課長の話 到底許されるものではなく、極めて重大な事件だと認識している。訴状を確認して対応を検討したい。 

【関連ニュース】
裁判員「プレッシャーで寝不足」=強姦致傷罪で懲役12年
元フィギュアコーチに懲役7年=教え子の女子中生に暴行
弁護側、減刑求め結審=性犯罪初の裁判員裁判の二審
裁判員裁判、実刑8割弱=親族間殺人で刑猶予も-09年、142人に判決
時効直前で男逮捕=10年前の強姦致傷容疑

小沢氏の国会招致に否定的=民主・輿石氏(時事通信)
女性用靴下専門ドロ逮捕 300足押収(産経新聞)
鈴木宗男氏、検察と法相を批判(産経新聞)
<替え玉殺人>中国人被告に無期懲役 大阪地裁判決(毎日新聞)
菅副総理 林前経財相の質問にタジタジ 参院予算委(毎日新聞)
[PR]
by viqvrscmrk | 2010-01-29 13:20
 日本列島は21日も引き続き気温が高く、各地で4月上旬から5月上旬並みの暖かさとなった。移動性高気圧が通過し、南から暖かい風が入り込んだためで、最高気温は宮崎県延岡市で20.4度、東京都府中市で18.9度など、19地点で1月としては観測史上最高を記録した。21日夜から寒気が入り込み、平年並みの寒さに戻る見込み。

 気象庁によると、ほかに1月の最高気温を観測したのは▽群馬県桐生市、さいたま市18.7度▽神奈川県藤沢市18.6度▽栃木県佐野市18.3度▽愛媛県新居浜市17.9度▽奈良県上北山村17.6度▽宮城県女川町14.8度−−などで、いずれも平年を10度程度上回った。沖縄・先島諸島では2日連続で25度以上の夏日となった。【福永方人】

【関連ニュース】
強風:東京・八王子でクレーン車横転
JR羽越線:脱線転覆事故で3人を書類送検 山形
大寒:全国30地点で観測史上最高に 静岡で20度記録
雪化粧:朝日を浴びて美しい輝き 東京・奥多摩
3カ月予報:暖冬傾向続く…10年1〜3月 気象庁

【視点】市有地に神社は違憲 新基準 政教分離訴訟どう影響(産経新聞)
空自 国産次期輸送機、初の試験飛行 岐阜基地(毎日新聞)
「民主に期待」55%に下落…読売・早大調査(読売新聞)
<小沢幹事長>「お騒がせしている…」パーティーで笑い誘う(毎日新聞)
海堂氏に賠償命令 「バチスタ」作者 死因診断で名誉棄損(産経新聞)
[PR]
by viqvrscmrk | 2010-01-28 11:49
 市長選の激戦から一夜明けた25日。沖縄県名護市は1週間にわたる喧噪(けんそう)がうそだったかのように静かな朝を迎えた。

 長年、市内で保守系県議の秘書を務めた男性(63)は今回の選挙を、「地域の活性化を米軍基地に頼るかどうかが争点だった。有権者は疲弊する経済の活性化に関心があったのに、鳩山由紀夫首相が政府の専権事項である国防問題の判断を委ねようとしたため、反米、反基地を唱える革新的グループに操られた可能性がある」と浮かない顔で分析した。

 名護市が米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設受け入れを決めた後、政府は、その見返りとして、沖縄振興策の名で総額2000億円を超える支援を続けてきた。

 今回の選挙では、それが十分な経済効果を果たさなかったという議論が噴出。当選した稲嶺進氏(64)の陣営は、前原誠司沖縄・北方対策相が「(振興策は)基地と切り離して行いたい」と述べ、平成22年度予算案で北部活性化特別振興事業費70億円が計上されたことなどをあげ、「基地がなくても中央政府とのパイプがあり、支援は受けられる」と訴えてきた。

 これが県民の心の奥底に潜む反米軍感情を刺激した。さらに、民主党政権が、無責任に、県外、国外移設説を強調したため、県内世論が一斉に反基地闘争につながった。

 辺野古の主婦(57)は「最初は基地の受け入れに賛成だった。しかし、騒音問題や雇用問題などをどうするか、という話は全く進まなかった。稲嶺さんの話を聞いているうち、基地を受け入れなくても活気を取り戻せると思った」と話す。

 名護市民は、米軍基地の存在を国防上の問題としてとらえるのではなく、経済効果を期待する存在と位置づけてきたのだ。

 選挙前、「一番被害を受けるわれわれが受け入れを認めたのに、騒音も危険もない人たちがなぜ、反対するのか」と反論していた辺野古区の代替施設推進協議会会長、宮城安秀氏も「これで、基地による経済効果を期待できなくなった。推進運動は続けるが、稲嶺さんが活性化を約束したのだから、協力する」と話す。

 稲嶺氏は25日、勝因について「基地に頼る振興策では生活はよくならないということを(市民に)考えていただいた」と振り返った。しかし、前出の元秘書は、「今回の70億円も移設受け入れが条件であるのは明白。基地は受け入れません、援助だけ欲しい、といっても通らない。基地受け入れと政府援助を称して“アメとムチ”という人がいるが、そもそも、日本政府の援助がなければ今の沖縄はなかったはずだ。本気で基地依存を止め、独自の経済復興を目指すなら、政府から巨額の援助を受けるべきではない」と忠告する。

 一方、選挙を注視していた普天間飛行場周辺に住む男性(50)は「13年前、移設の話がでたとき、移設なんて考えたこともなかったから『まさか!』と驚いた。でもその後、動かないから、『やっぱり』と、あきらめてきた。名護市民の民意を重視するといってきた鳩山政権が、5月にどういう答えを出すのか見ものだ。普天間が固定化されるかも…」と不安を漏らした。

 地方選挙にもかかわらず、常に米軍基地問題が取りざたされる沖縄県。名護市長選では、さまざまな思いが錯綜(さくそう)したが、ある国会議員は、「沖縄の負担軽減を強調する鳩山首相が、選挙結果に固執すると、それこそ“沖縄が危なくなる”」と警告した。(宮本雅史)

【関連記事】
当選の稲嶺氏「まず市議会で反対決議」 普天間移設現行計画撤回へ
鳩山首相、名護市長選の結果受け米軍移設「ゼロベースで検討」
米各紙が名護市長選報道「安保政策は町村では決められない」
揺らぐ沖縄 自治体に「安保」委ねた首相
普天間決着、再び先送りか 首相の責任論も

レーザー光で顔の染み抜きは医療行為 エステ店経営者ら逮捕(産経新聞)
小沢幹事長「毎度お騒がせいたしております」(読売新聞)
<名護市長選>24日に投開票 普天間移設に影響(毎日新聞)
<小沢氏>聴取23日に 「4時間程度」地検が伝達(毎日新聞)
「大声うるさい」81歳妻が89歳夫を刺殺未遂(読売新聞)
[PR]
by viqvrscmrk | 2010-01-26 16:42
 毎日新聞社が発行する小学生向け日刊紙「毎日小学生新聞」の人気連載マンガ「はなかっぱくん」がアニメ化され、3月29日からNHK教育テレビの新アニメ「はなかっぱ」として放送される。

 原作は「パンツぱんくろう」などで知られる絵本作家のあきやまただしさん。頭の上にいろいろな花が咲いてしまうカッパ族のやんちゃな少年「はなかっぱくん」が、謎の洞窟(どうくつ)や不思議な森が広がるやまびこ村を舞台に、愉快な仲間といっしょに成長する物語。月〜金曜日の午前7時15分、午後5時半の2回放送。

【関連ニュース】
エスカレーター事故:中学生8人転倒し負傷 NHK名古屋
NHK:10年度予算発表 地デジ化などで2年連続で赤字
小澤征爾さん:NHKが出演番組の放送を中止
新ビバリーヒルズ青春白書:10年後の新シリーズ日本初放送 4月からNHK教育で
NHK大河ドラマ:長崎に「龍馬伝館」

全精社協事件初公判 会長ら補助金流用認める「厚労省も了解」(産経新聞)
<訃報>山崎春之さん83歳=元駿河台学園理事長(毎日新聞)
石川議員逮捕「緊急性あった」=記者会見で東京地検(時事通信)
15年前から預金担保融資=担当者交代も継続−「偽装」小沢氏関与か・陸山会事件(時事通信)
寛平さんも…増える前立腺がん 食生活の肉食化が要因 遺伝的側面も(産経新聞)
[PR]
by viqvrscmrk | 2010-01-25 17:47
 昨年9月から隔週で掲載してきた「社会部オンデマンド」の記事が、17日付の「ビジネス街・大手町の未来図は?」で10本目を数えました。「社会部オンデマンド」はマイクロソフトのポータルサイト「MSN」内に設けられた『相談箱』とも連携。新聞の読者やネットユーザーから、日常生活や日ごろ触れるニュースの中で感じた疑問点を質問として寄せていただき、取材のプロである社会部記者が徹底調査して記事化し、紙面とネット上でその結果を報告するものです。

 これまでに掲載してきた記事の見出しを拾うと、「新型インフル対策 マスク選ぶ基準は?」「温水洗浄便座は清潔なのか?」「契約や手続きに必要な印鑑の効力は?」など、生活に密着したテーマの質問が目立っています。

 10日付で掲載した「増税で密造たばこ横行の懸念は?」の記事の執筆者は、「税収」や「健康」の観点から議論されることの多いたばこ増税について“社会部記者としての視点”から、欧米などの現状も踏まえた大幅増税による密輸増加のリスクにも目を向ける必要性に言及して記事化しました。

 「社会部オンデマンド」は読者やネットユーザーとの“距離”を少しでも縮め、ニーズに合致した知的好奇心をも満たす双方向による記事を提供していく試みでもあります。年明けからは原則として毎週日曜日付の掲載となり、窓口に寄せられる多数の質問にもこれまで以上に答えられるようになりました。今後も質問をお待ちしております。(創)

                   ◇

 「社会部オンデマンド」窓口 MSN相談箱(http://questionbox.jp.msn.com/)内の「産経新聞『社会部オンデマンド』」▽社会部Eメール news@sankei.co.jp▽社会部FAX 03・3275・8750

玉突き事故処理に向かったら、パトカーも…(読売新聞)
バイク酒気帯び運転 高校職員停職1カ月(産経新聞)
小沢氏聴取、土地代原資の不自然説明追及へ(読売新聞)
11年国会にも法案=教員の質向上で−鈴木文科副大臣(時事通信)
<柳楽優弥さん>豊田エリーさんと挙式(毎日新聞)
[PR]
by viqvrscmrk | 2010-01-24 03:30
 名古屋市で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が行われる今年が国連の定める「生物多様性年」に当たることから、COP10支援実行委員会は16日、市内で「国際生物多様性年オープニング記念行事」を開いた。作家のC・W・ニコル氏が「森は日本人の心のふるさと。世界に日本の森の良さを自慢してほしい」と講演した。

 「生物多様性年」は、締約国会議が10回目を迎える今年が「生物多様性の損失速度を2010年までに顕著に減少させる」とした目標年にも当たることから定められた。イギリス生まれのニコル氏は、30年前に長野県信濃町の黒姫高原の里山を買い取って移り住み、森の再生に取り組んでいる。ニコル氏は「日本は人口密度が高いのに、野生のクマが生息できることに感動した」と日本国籍を取得した理由を語り「ここ数十年で大好きな日本の自然が変わったが、それでも森を再生すると生物は戻ってきた」と自然の豊かさを訴えた。【丸山進】

【関連ニュース】
国際生物多様性年:ドイツで開幕式典
COP10:生物多様性の状態を現状以上に 政府提案へ
環境 未来へ:生物からの贈り物 微生物からプラスチック商品化
生物の多様性ってなに?/1 大量絶滅時代
国際生物多様性年:開幕を祝う ドイツで式典

<センター試験>信州大で14分早くスタート 理科1(毎日新聞)
<消防職員>団結権のあり方を協議の検討会を設置 総務省(毎日新聞)
小沢氏側にゼネコン60社、名簿15万人分提出(産経新聞)
<小沢幹事長>「個人で積み立てた」党大会で説明(毎日新聞)
元社保庁職員31人、分限免職に不服申し立て(読売新聞)
[PR]
by viqvrscmrk | 2010-01-23 07:48
 自民党の谷垣禎一総裁は18日午前、国会内で開かれた党両院議員総会であいさつし、「この国会は、臥薪嘗胆の日々を送ってきた自民党が国民のために何をしてくれるかが問われる。論戦の前提として信なくば立たずだ。鳩山由紀夫首相と小沢一郎民主党幹事長の周辺で逮捕者が続出するのは異様な事態だ。しっかり追及する」と述べ、通常国会では首相や小沢氏の「政治とカネ」の問題を当面の最優先課題として取り組む決意を示した。

 続く代議士会では、川崎二郎国対委員長が、衆院予算委員会で政治とカネをめぐる集中審議の開催を要求していく方針を表明した。

【関連記事】
小沢氏問題で谷垣氏、逮捕者続出の民主に苦言
石川議員逮捕で勢いづく自民 「その先にある大きな闇の解明を」
自民・谷垣氏「手段尽くし解明迫る」 小沢氏側への捜索で
自民・谷垣氏「菅氏の『分からない』は許さない」
谷垣総裁も山崎氏公認に慎重姿勢 自民、70歳定年ルールが基本

<心臓手術>大動脈のつなぎ直し手術成功 岩手医大が国内初(毎日新聞)
援助隊医療チームが現地へ=ハイチ地震、日赤社長も−成田(時事通信)
<将棋>久保、桂得 羽生反撃 王将戦第1局(毎日新聞)
ウナギ偽装「魚秀」が所得隠し、工作費1億2千万(読売新聞)
センター追試972人に(時事通信)
[PR]
by viqvrscmrk | 2010-01-22 12:02